日本企業初のクラウドマイニングサービス『Mining share bank』

今すぐ公式LINE@に登録して”Mining share bank”でビットコインをマイニングしはじめる!!

え?! 中国では「ICO」「取引所」に続き「マイニング」も禁止になったのでは?

と、あなたは思いませんでしたか?

実は、ほとんどの方が
中国の仮想通貨ニュースを勘違いしているのです。


9月4日に中国当局が
ICO(イニシャル・コイン・オファリング)の
禁止を発表。

9月30日に中国のa大手
仮想通貨取引所「BTCチャイナ」が
ビットコインなどの取引を停止する。
他の大手も10月末までに同様の措置をとる。

と立て続けに規制がありました。

その後、

中国メディアCaixinは、

「中国のマイニング禁止に関する情報や噂について、
電力会社が発表した内容には誤りがあったと言及した」

との報道をしました。

・・・

そうです。

中国の”マイニング禁止”は誤報だったのです!!

結果的にどういうことなのかと言うと、

「禁止されるのはビットコインの
マイニング自体ではなく、
発電所は地域住民の電力を
供給をするために設立されたものであり、

国営の電力会社を通さず
直接電力を供給することは違法である」

という内容を、水力発電会社が
マイニング業者に通達する際に、

「ビットコインのマイニングは禁止されている」

という文章を送ってしまったことが、
誤解を招く事の発端なのです。

要するに、
一定の地域では直接的な電力提供は
禁止されてしまったので、

膨大な電気代を使うマイニング事業が
厳しくなってしまったと言えるでしょう。

ですが、

現在、内モンゴル自治区では、中国政府がマイニング事業を応援しています。正式にマイニングを行なったのは『Mining share bank』が初めてなのです!!

内モンゴル自治区とは、
モンゴル共和国とは全く別物で
中国内にある一部の地域の事です。

内モンゴルと言えば
元々カシミヤで有名でした。

石炭など地下資源が高騰して一気に開発進み、
昔は石炭を列車で北京に運送して電気にしてたが、

ロスを無くすためには今は送電網で内モンゴルから
北京や天津に電気を提供しているくらいです。

なので、

「電気代がとにかく安い」

そこで中国政府はマイニングでの
総合的な利益が出やすいと考え、

内モンゴル自治区でマイニング事業を行う
大手企業には特別な補助金を渡し活性化させています。

そんな中、

日本の企業で約20億円の補助金を受け取り、

現在のクラウドマイニングサービスの
主流は海外の会社です。

ところが、海外のプラットフォームでは
多くの問題が発生しています。

日本語に対応していない トラブル時に迅速な対応をしてくれない 収益が入ってくるまで時間がかかる そもそも詐欺が多い

など色々な問題点があります。

そんな状況のクラウドマイニングサービスに
いち早く着眼し事業を起こしたのが、

開発者である吉田慎也(よしだしんや)です。

彼は従来のクラウドマイニングサービスに
欠けていた

「安心」
「安全」
「信頼」

をモットーに
「Mining share bank」
を作り上げました。

まだサービスを開始して4ヶ月ほどですが、
既にクライアントは1,000名を超えました!!

彼は2017年内に
利用者数を3,000名を超える
という目標があります。

なので、今この手紙に読んでいるあなたは、
ものすごい幸運の持ち主です。


これから
日本初のクラウドマイニングサービスにして
日本1のクラウドマイニングサービスに

こんな早い段階で巡り会えたのですから。

あなたが、価値を上げ続けるビットコイン
を含む仮想通貨を毎月10〜100万円生み出すことのできる

クラウドマイニングに
少しでも興味があるのであれば、


今すぐ公式LINE@に登録して
詳細を確認してください。

”90万円”を超えたビットコインを毎日ザクザク生み出すマイニングサービスを利用してあなたも毎月10万〜100万円の収益を手にする

今すぐ公式LINE@に登録して”Mining share bank”でビットコインをマイニングしはじめる!!”マイニング長者”になりませんか?

Mining share bankはGPU製造会社と独占契約をしています

マイニングを行う上で
必要不可欠なのが、

マイニングパソコンに搭載する
「GPU」と呼ばれる専用機材です。

そのGPUは本来は
ゲームの3Dグラフィックを
処理する為に使われていました。

ですが、GPUを使うことで
マイニングができると判明した途端
世界中でGPUが入手困難な状況になってしまったのです。

そんな中、Mining share bankでは

世界で数少ない”GPUを生産している5社”の製造会社のうちの1社と”独占契約”をしています!!

そして今では毎月2,000万円以上の
収益をあげるまでに”Mining share bank”を成長させました。

ですが、

もちろんマイニングパソコンには
在庫があるので、品切れ次第
即サービス提供を終了致します。


なので、まずは公式LINEに登録し、
クラウドマイニングの詳細を確認してください。

あなたが、

「興味はあるんだけど、まだいまいち理解できていない」
「凄いのはわかったけど、私にできるか不安」
「どうせ詐欺なんじゃないの?怪しい・・」


などの色々な感情はあるかと思いますが、
Mining share bankは正真正銘、本物です。

と言っても、まだまだ信用出来ないと思います。
だからこそ、嘘か本当かを、
あなた自身に判断してもらえるように
すべてを公開します。

保有する中国のマイニングファームの視察 1,000個以上の”マイニングパソコン”証拠写真 24時間リアルタイム中継マイニング特設ページ

クラウドマイニングは稼ぐ、稼がせる、このノウハウが凄い!!
そういったレベルの話ではなく、

あなたが通貨を生み出す側の人間になれる。

必然的にあなたの生活から「仕事」が消え、
時間やお金を自由に使って
精神的にも豊かな人生が送れる。


そんな未来を手に入れることができるんです。

クラウドマイニングは世界中で行われていますが
日本ではまだ、大々的に行われていません。

そんな先行者利益を得られるマイニングに
個人で参入できるチャンスは今しかありません。
必ずこのチャンスを掴んで

マイニング長者としての人生を
今からスタートしましょう。

”90万円”を超えたビットコインを毎日ザクザク生み出すマイニングサービスを利用してあなたも毎月10万〜100万円の収益を手にする

今すぐ公式LINE@に登録して”Mining share bank”でビットコインをマイニングしはじめる!!”マイニング長者”になりませんか?

吉田慎也プロフィール

2017年現在

25歳の若さで東京ドーム一個分に
匹敵するマイニングファームを
中国に所有している。


2017年6月に中国に5社しかない
GPU製造会社の内、
1社と独占契約を交わしたのちに、
国内初のクラウドマイニングサービス
『Mining Share Bank』の開発に成功した。

現在、マイニング報酬から”月収3,000万円”、
”平均日利100万円”以上の仮想通貨の採掘を行っている。
そして、”1,000名以上”のクライアント
抱えるまでに『Mining Share Bank』を成長させる。

マイニング業界では突如、彗星のごとく現れた
『若きカリスマ経営者』と注目を集める存在になっている。

国内初のクラウドマイニングサービスを開発するにあたって、
最も大事にしたのは安心安全信頼できるサービスを提供すること。

お客様に圧倒的な安心感を与えることが
吉田の誇りでもあり、モットーの1つでもある。